ピサロ、モネ、ドガ

↑ クロード・モネ
『日傘の女』(右向き)

カミーユ・ピサロ
「Paysage à Chaponval」Landscape at Chaponvalシャポンヴァルの風景

クロード・モネ
『日傘の女』(左向き)

光が、溢れてる。白いドレスに跳ね返る他の色が、光の反射だと理解されなかった、とどこかで読んだ記憶。

クロード・モネ
『アルジャントゥイユのひなげし』

妻のカミーユと息子のジャンを描いたあたたかい作品。ひなげしの咲く丘を、二人が降りてくるところ。丘の上にも下にも二人の姿があって、時間の経過が表現されている。風の音が聞こえてくるみたい。

エドガー・ドガ
『青い踊り子たち』1893年

芝居やバレエが好きだったドガが、本格的に踊り子を描き始めたのは、30歳を過ぎた頃。気に入った踊り子をアトリエに呼びスケッチし、それらを組み合わせて一枚の作品に仕立てていたそうです。構図も独特で、その手法が注目を集め、名声を高めていった。

ところが、50代で描いた『青い踊り子たち』では、画風が驚くほど変貌。踊り子たちは、もうろうとした影のように描かれているだけで、何を踊っているのかわかりません。全ての境界が曖昧になった。

(「美の巨人たち」から)

エドガー・ドガ
『リハーサル』

ドガは、室内の人工的な照明のもとで、作品を描いた。多く残したテーマは「バレリーナ」。舞台で踊るバレリーナよりも、稽古場や控え室の自然な姿を好んで描いている。 繰り返しのテーマがいくつかあるけど、共通するのは「一瞬の動きを捉えている」ということだと云われる。ほんの一場面で、モデルの本質や、人生までを見抜くような、優れた人間観察力と描写力が素晴らしい。

Trip here and there

VELTRA

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    Japanese, born in 50's at Ise-city, listening Each Otaki esp Go! Go! Niagara, watching Law and Order original, boarding Star Alliance esp NH, living at Fujisawa-city in Japan, drawing biginner, hitting the gym, swimming slowly, playing cherry jazz piano on leave and loving two daughters.