2010年3月 娘と行った中欧の旅

中欧へ旅行したのは、かれこれ八年も前。音楽大学を卒業して、春から社会人になる下の娘と二人で旅した。たしかぼくの入社30年の旅行券の使用期限が迫っていたこともあった。

当初はハンガリー・オーストリア・チェコの三カ国に行く予定だった。しかし、出発直前になって娘の入社式が早まることになりとても焦った。いろいろ調べて、ツアーを途中で離脱する旅程に変えた。

(オーストリア航空~webから)

往路便はオーストリア航空だった。数年前廃止され今年再び復活の成田⇒ウィーン便のCクラスだった。食事も好かったし、有名なウィーナコーヒーは美味しかった。

ウィーン乗り換え、小さな飛行機でブタペストに着いた。3月だから寒かったと思う。空港からはタクシーをかなり長く乗った。

ホテルは「ラディソン ブルー ベケ」アール・ヌーボー調の客室だった。

翌朝、阪神航空のツアーの方々と合流した。そして、ブタペスト見学がスタートした。

ブダペスト東駅は、バロシュ広場に面していて、ブダペストで最大のターミナル駅。駅舎はイクレクティシズム様式によって19世紀後半に建てられ、その当時ヨーロッパではもっともモダンな駅舎とされていたそうだ。

駅の中を散歩して、キオスクで水を買った。ガス?ノンガス?って聞かれて、なるほどそぅ言うんだなって学んだ。

翌朝、ホテルをチェックアウトして、オーストリアのウィーンに向けて高速列車レイルジェットに乗った。ウィーン中央駅までは約3時間弱。ぼくは無邪気にTV番組「世界の車窓から」を連想して喜んでいた。

国境を越える辺りで、携帯電話が鳴った。会社の営業担当役員からの電話だった。手短に用件を済まし、いまオーストリアに向かう列車の中だからと謝った。彼はとても驚いてた。そらそうだろう、年度末近くになってヨーロッパに行ってるなんて、と呆れられてたと後日聞いた。時差は8時間、日本では17時過ぎだから忙しい時間だったはず。

ウィーンに着いた。街を見て、黄色のイメージを受けた。

ぼくと娘は阪神航空のツアーから離脱して帰国するスケジュールとなっていた。

当初は他の皆さんと同じように、オーストリアからチェコに移動する予定だった。ウィーンから北上して、途中に寄るおとぎの国のようなチェスキー・クルムロフがとても楽しみだったし、彫像が並ぶカレル橋や中世の街並みが保存された旧市街のプラハに行けなくなったのは残念だった。

ウィーン二日目は自由行動だった。朝娘とホテルを出る時に、夕食は何を食べようかと娘に聞いたら「和食」という返事だったので、初日にガイドさんから噂を聞いてた日本料理店に行った。すると、同じツアーの数組もそこに来られていた。ぼくはなにを食べたか忘れてしまったのだが、帰国してから娘があの店は美味しかったと言ってた。

店を出る時、まだ残って居られるメンバーそれぞれに、娘がお別れの挨拶をしていたのが印象に残っている。あの子も大人になったんだなぁ、これから社会人だもんなぁ、との親父の感傷に耽った。

3月25日朝4時に起きて、ホテル玄関に行ったら添乗員さんが待ってくれてた。まだ外は真っ暗だった。タクシーが来るまでいろんなお話して見送ってくれた。

着いたウィーン空港はひっそりとしていた。ルフトハンザのラウンジに一番乗りしてコーヒーなど飲んだ。受付の女性は機内で隣になるよう手配してくれた。ぼくが拙い英語でお礼を言ったらドイツ訛りで話して笑った。

ウィーンからの7時15分発オーストリア航空703便で、プラハに8時10分に着いた。プラハの空港で、チェコのお土産を見ていた。有名な石鹸が多く並んでいた。

プラハから10時5分発ルフトハンザ3259便で、フランクフルトに11時20分着。フランクフルト空港では時間がたっぷりあった。スターアライアンスのラウンジに入った。

娘はぼくの携帯を使って日本と長電話をしていた。当時はWEBじゃなかったので費用が嵩んだと思う。それから娘はラウンジのテーブルに画用紙を広げ鉛筆でたくさん絵を描いてた。消しゴムの屑が溢れていた風景が懐かしい。

フランクフルトからは14時20分発ルフトハンザ736便で、セントレアには翌朝9時55分着予定だった。実は、帰路の便でぼくは爆睡していたらしい。起きたら下に樺太が見えた。鼾が煩かったようで、もぅ恥ずかしい!と娘に強く叱られた。

(ルフトハンザ航空~webから)

3月26日朝のセントレアから名鉄特急に乗って名鉄名古屋駅で降りた。大学に寄るから新横浜までの行くという娘と名古屋駅広小路口まで案内し、切符を渡して別れた。

名古屋駅周辺は1年住んでいたので詳しかった。そのあと、ぼくは近鉄のアーバンライナーに乗って大阪中津の単身マンションに戻った。楽しい旅行だった。


(ウィーンのベッドに残してた娘のメモをこっそり撮った)

Trip here and there

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Japanese, born in 50's at Ise-city, listening Each Otaki esp Go! Go! Niagara, watching Law and Order original, boarding Star Alliance esp NH, living at Fujisawa-city in Japan, drawing biginner, hitting the gym, swimming slowly, playing cherry jazz piano on leave and loving two daughters.