無実の証、バルセロスの雄鶏伝説

ポルトガルのお土産屋さんに鶏を見かける。逸話を聞くとたいへんユニークです。

昔々、ポルトガルの北にあるバルセロスの話。小さな宿から銀貨が盗まれた。その日、その宿に泊まっていた巡礼者に容疑者となってしまう。そして縛り首の刑が言い渡された。

彼は無実を主張したけど、誰も信じなかった。処刑場に連れていかれる前に、巡礼者はどうしても裁判官に会いたいと懇願した。

裁判官の家を訪ねると、そこの食卓にはご馳走がたくさん並んでいた。巡礼者はテーブルの上の鶏の丸焼きを指さし叫んだ!

「もし私が無実なら、処刑の執行される瞬間、その鶏が鳴くでしょう!」

裁判官は信じず、巡礼者は処刑場に連れていかれた。しかし、正に処刑が執行されようとしたその時、本当に鶏が立ち上がり鳴いた!!

裁判官は慌てて処刑場に駆けつけた。首に巻かれたロープの結び目が上手く絞まらず、巡礼者は命を取り留めていた。

こうして巡礼者は奇跡的に無実で釈放されたそうです。

映画のラストシーンみたいですネ!

オビドスの街を歩いていたら、哀愁を感じる歌声が聞こえたので、お店に入った。たくさんのCDが並んでいた。今回の旅では聞く機会のなかった「ファド」を次回是非聴きたいと思ってる。


オビドスで見かけたお店。野菜から雑貨からたくさん並んでた。

Trip here and there

VELTRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Japanese, born in 50's at Ise-city, listening Each Otaki esp Go! Go! Niagara, watching Law and Order original, boarding Star Alliance esp NH, living at Fujisawa-city in Japan, drawing biginner, hitting the gym, swimming slowly, playing cherry jazz piano on leave and loving two daughters.